原理の簡易紹介

 

LYEE構造の特性

プログラムの規模が大きくなるにつれて、テストが難しくなり、その結果バグが内在化することは、システム開発を一度でも行ったことがあれば直感的に分かる事であろう。

 

 

LYEE構造によるシナリオ関数では・・・・・

プログラムを作成するにあたりフローチャートを作成するか否かは別として現在のプログラム開発で必要としているコーディング部分の情報が不要です。
シナリオ関数では、プログラムの流れが実行時に自動的に定まります。∴この部分でのバグ(ミス)が存在しません。

 

LYEE構造により導かれたシナリオ関数とは?

現在通常使われている開発言語(例:C、Javaなど)ではプログラムをコーディングする際に個々の命令の実行順序を人手(プログラマー)が記述します。しかしながらLYEE構造により導かれた「シナリオ関数」は、プログラムの実行時に命令文の実行順序が自動的に決まります。このためシステム開発において人手で行うことは要件、例えば計算式などを指定するだけでプログラム開発が完了します。この結果、人的なエラーが大幅に減少すると同時に、メンテナンス性に優れたプログラムが実現出来ます。